共通

BlendVisionで「無効な字幕ファイル形式(Invalid subtitle file format)」エラーが発生

BlendVisionを利用して、ビデオをエンコードする際に、「無効な字幕ファイル形式(Invalid subtitle file format)」エラーが発生する場合があります。これは、アップロードした元の字幕ファイル (SRT形式) に問題があったことが原因です。

 

SRTファイルについて、よくある質問は以下となります。

  • 番号の順番:各字幕段落には、1 から始まり順番に増加する連番が必要です。 シリアル番号が間違っていたり、無い場合は字幕が正しく表示されない場合があります。
    • 確認方法:ファイルの各字幕を確認し、番号が連番で抜けていないか確認します。
  • タイムスタンプ形式:タイムスタンプは、ビデオに字幕が表示される特定の時間のことです。形式エラーにより、字幕が間違った時間で表示されたり、まったく表示されなくなったりすることがあります。
    • 形式の例:00:01:30,500 > 00:01:33,800 は、字幕がビデオの 1 分 30.5 秒で始まり、1 分 33.8 秒で終了することを意味しています。
    • 確認方法:タイムスタンプ形式は、「時 : 分 : 秒,ミリ秒 > 時 : 分 : 秒,ミリ秒」となります。 各字幕段落がこの形式に従っていることを確認します。
  • 時間の重複:複数の字幕の表示時間が重複すると、同時に画面に表示され、混乱が生じる可能性があります。
    • 確認方法:各字幕の開始時間と終了時間を確認し、次の字幕の開始時間が前の字幕の終了時間より前になっていないことを確認します。
  • 空でない字幕テキスト(Non-Empty Subtitle Text):各字幕にはテキストが含まれています。
    • 確認方法:SRTファイル内の各字幕を確認し、各タイムスタンプの後に対応するテキストがあることを確認します。

トラブルシューティング及び修正

上記のよくある質問に対応するには、サードパーティー製外部ツール「SRT Validator」を利用することをお勧めします。

  1. SRTファイルをアップロード:上記のリンクをクリックし、SRT Validatorサイトにて「UPLOAD FILE」をクリックして字幕ファイルをアップロードします。

  2. SRT Validatorによる分析:「VALIDATE CAPTION」をクリックすると、「SRT Validator」がファイルを自動的に分析します。

  3. 問題確認及び修正:「SRT Validator」はアップロードしたファイル内の問題を検出しますので修正してください。

  4. BlendVisionに再アップロード:修正された字幕ファイルをエンコードします。

 

追加の確認項目

  • BlendVisionに字幕ファイルをアップロードする前に、まずローカルプレーヤーで字幕をテストし、正しく動作するように確認するとお勧めします。
  • プレーヤー上で字幕が正常に表示されるが、BlendVisionに問題が発生する場合、エンコード設定に互換性がない可能性があります。BlendVisionの「BlendVision for Developers」を確認してください。

  • 特に字幕に特殊な文字や英語以外の文字が含まれている場合、字幕を正しく表示するには、UTF-8またはUTF-16エンコーディングを利用することをお勧めします。

更新