ライブイベント

ストリーミングソフトウェアの信号フォーマットの推奨設定を教えてください

ストリーミングソフトウェアのセットアップ時の参考情報として、以下の各設定値情報をご用意しました。

ただし、こちらは参考情報となることにご留意ください。ストリーミングソフトウェアの信号フォーマット設定の際には、スピード制限(最大/最低)、有線/無線ネットワーク等のネットワーク環境も考慮いただく必要があります。

OBS Studioを用いたライブイベント向けサンプル

ライブイベントを開催する場合、OBSの設定画面では、各項目を以下のようにセットアップすることができます。

通常ライブ 超低遅延ライブ
  • 配信
    • サービス:カスタム 
    • サーバー:RTMPリンク
    • ストリームキー:ストリームキー
  • 配信
    • サービス:カスタム 
    • サーバー:RTMPリンク
    • ストリームキー:ストリームキー
  • 出力
    • 出力モード:基本
    • 配信:
      • 映像ビットレート:5000 Kbps
        (この値は、OBS側のアップロード帯域幅に基づいて調整が必要な場合があります)
      • 映像エンコーダ:ソフトウェア (x264)
      • 音声ビットレート:320 
  • 出力
    • 出力モード:詳細
    • 配信:
      • レート制御:CBR
      • ビットレート:OBS 側のアップロード帯域幅に基づいて適切な値を設定してください。
        (理想的なネットワークスピードとしては 20Mb より高速である必要があります)
      • キーフレーム間隔:2
        (ビデオコーデック向けにBフレームオプションを使用しないよう注意してください)
      • CPU:ultrafast
        (もしCPU使用率が高すぎてエンコーディング性能に影響を与えている場合、パフォーマンス向上のためにハードウェアエンコーダ(存在する場合)のご使用もご検討ください)
      • プロファイル:なし
      • チューン:zerolatency
  • 音声
    • 一般:
      • サンプルレート:48 kHz
      • チャンネル:ステレオ 
  • 音声
    • 一般:
      • サンプルレート:48 kHz
      • チャンネル:ステレオ 
  • 映像
    • 基本解像度:1920 x 1080 
    • 出力解像度:1920 x 1080 
    • 縮小フィルタ:Bicubic 
    • FPS共通値:30
  • 映像
    • 基本解像度:1920 x 1080 
    • 出力解像度:1920 x 1080 
    • 縮小フィルタ:Bilinear 
    • FPS共通値:30 


 注意:OBSはサードパーティ製品であり、弊社サポート範囲ではないため、実際の挙動と本項の説明が合致しない場合もあります。


更新