プレーヤー

プレーヤーのカスタマイズ

以下では、BlendVision OneショールームのプレーヤーとBlendVision One iframeプレーヤーのカスタマイズ設定と、BlendVision Oneウェブコンソールを使った設定方法をご紹介します。

 

始める前に

BlendVision OneプレーヤーSDKを使用している場合、更なるカスタマイズが可能です。その場合、こちらではなく、以下のSDKの関連ドキュメントをご参照ください。

 

カスタムプレーヤーテンプレートの管理

BlendVision Oneウェブコンソールにログインし、サイドメニューの「プレーヤー」>「設定」からプレーヤー設定を開きます

 

この画面にテンプレートが表示され、以下の設定が可能です。

プリセットテンプレート「Standard」は編集、削除できません。

 

カスタムプレーヤーテンプレートの作成

  1. カスタムテンプレートを作成するには以下の2つの方法があります。
    1. 「新規テンプレート追加」ボタンをクリックし、新規テンプレートを作成する。
      Player-creation1JP.png
    2. サンプルとなるテンプレートの右側「︙」>「コピー」をクリックし、以前のテンプレートからコピーできます。
      Player-creation2v2JP.png
  2. 必要に応じてカスタマイズ可能な設定を行い、「保存」ボタンをクリックします。
    Player-creation3JP.png

BlendVision Oneのiframeプレーヤーは、ブランディングや特定の要件に合わせてカスタマイズ可能な設定を提供します。下記は、サンプルプレーヤーと、関連するサンプル設定の一覧表です。

 

設定

機能

上記プレーヤーの設定例
レイアウト

埋込 / スタンドアローン

  • 埋込([戻る]ボタンなし):
    通常、同じページ内でより多くのエンゲージメント機能や情報を提供するウェブサイト / アプリに活用されます。
    (例:オンラインコースプラットフォーム)
  • スタンドアローン([戻る]ボタンあり):
    通常、全画面表示等による没入型の視聴体験に重点を置いたウェブサイト / アプリに活用されます。
    (例:OTTメディアプラットフォーム)

なお、この設定はiframeタグのプレーヤーにのみ適用され、ショールームのプレーヤーにはデフォルトで埋め込み型デザインが適用されます。

埋込
自動再生

オン / オフ

プレーヤー起動時、ビデオを自動再生します。特定のブラウザが自動再生をブロックする場合があるため、「ビデオのミュートを有効にする」を有効化しておくことをお勧めします。

オン
ループ再生

オン / オフ

「ループ」再生設定をオンにすると、ビデオは最後まで再生した後、自動的に最初に戻り、再生が開始されます。

オフ
ビデオのミュートを有効にする

オン / オフ

プレーヤー起動時にビデオをミュートします。初期設定は「オン」です。

オン
共有:SNS

オン / オフ

ソーシャルメディア用の共有オプションです。デスクトップで利用可能なソーシャルメディアはX、LINE、Facebookで、モバイルはユーザーのデバイスのiOS/Android共有パネルと連動します。

オン
共有:iframe 埋込

オン / オフ

デスクトップ用の共有パネルにiframeコードが提供され、エンドユーザーは自身のWebサイトにVOD/ライブ配信を埋め込むことができます。コンテンツ保護の「公開/非公開」でトークンが選択されている場合、この機能は利用できませんのでご注意ください。

オン
情報

オン / オフ

詳細内容が情報パネルに表示されます。各VOD/ライブ配信の設定から「一般」>「メタデータ」>「詳細内容」で編集できます。詳細内容のメタデータが入力されていない場合、このパネルは表示されません。

オン

カラー

#HEX

プレーヤーに表示する原色をHEX値で定義します。

#79B5FB

 

カスタムプレーヤーテンプレートの編集

作成済みのカスタムテンプレートを編集することもできます。

  1. 編集したいテンプレートの右側「︙」>「編集」をクリックします。
    Player-edit-JP.png
  2. 必要に応じてカスタマイズ可能な設定を行い、「保存」ボタンをクリックします。

 テンプレートを保存すると、このテンプレートを使用するすべてのコンテンツに新しい設定が反映されます。

デフォルトプレーヤーテンプレートを変更する

オリジナルのプレーヤーテンプレートをデフォルトに変更することで、今後の新規VODやライブ配信の設定時間を節約することができます。

なお、以前デフォルトとして設定していたテンプレートが削除されると、その時点で自動的に最新のデフォルトのテンプレートが適用となります。また、削除されるデフォルトテンプレートが公開中の各種配信(VOD配信の場合は「公開」ステータス、ライブイベント配信の場合はライブ配信中)に適用されていた場合、削除処理後、割り当てられた最新のデフォルトテンプレートが、自動的に配信中のVODおよびライブ配信に即時反映されます。

デフォルトテンプレートは1つしか設定できません。なお、デフォルトテンプレートを変更しても、デフォルトテンプレートが選択された作成済のVODやライブ配信に対して影響はありません。

また、設定済みのテンプレートは、各VODやライブの設定画面から変更可能です。

デフォルトテンプレートの変更方法は以下の通りです。

  1. デフォルトに設定したいテンプレートの右側「︙」>「デフォルトとして設定」ボタンをクリックし、デフォルトテンプレートとして適用します。
    Player-setDefault-JP.png
  2. 「指定済」欄で、現在のテンプレートを使っているVODやライブストリームの数を確認することができます。


カスタムプレーヤーテンプレートの削除

カスタムテンプレートは、プリセットテンプレートを除き、編集または削除することができます。

  1. 削除したいテンプレートの右側「︙」>「削除」をクリックします。
    Player-deletion-JP.png
  2. 確認画面で「削除」ボタンを押すと削除されます。
    Player-deletion-alert.png

テンプレートを削除すると、削除したテンプレートが適用されているすべてのコンテンツにその時点で最新のデフォルトのテンプレートが自動的に適用されます。 

カスタマイズしたプレーヤーをコンテンツに適用する

お好みの設定を適用し、プレーヤーのテンプレートをカスタマイズした後、各コンテンツにテンプレートを適用する方法については「プレーヤーの設定をご参照ください。

 

その他

更新